中国の動画共有サイトiQIYI(愛奇芸)が先日、アイドルファンをターゲットに新型ECアプリの「飯飯星球」をリリースした。現在このアプリにはアイドルのスケジュールや写真の閲覧、グッズ購入などの機能がある。iQIYIは数ある中国動画共有サイトの中でも最大級の会員を誇るが、最近は巨額の赤字問題も抱えている。赤字補填に向けたマネタイズを急ぐ中で、今回はファン経済を狙った「飯飯星球」リリースに至った。

「飯飯星球」の機能は?

アプリをダウンロードし、実際のアプリ画面を紹介する。

アプリを開くとまず、自分の好きなアイドルの名前を入力する必要がある。対応しているアイドルであればそのアイドルのアイコンが表示され、コンテンツに入ることができる。現在は先述の通りアイドルの簡単なスケジュール情報やイベントの写真などがアップされている程度であるが、一部の写真にはその衣装の詳細も見ることができる。

また、ファングループに入るとアイドルの詳しいスケジュール情報を獲得できる。グループに入るには10問のクイズに答え、本当にファンであることを証明する必要がある。

左の画像のようなグッズのナビをタップすると、ぬいぐるみやTシャツなどのアイドルグッズが表示される。現在はまだ商品検索機能がなく、ナビに表示されたグッズしか買えない状態だ。送料を複数回支払わされるシステム故障も発生したようで、謝罪メッセージが商品情報下部に掲載されていた。グッズ販売システムをはじめとし、リリースから間もない同アプリはまだ機能が不完全のようである。システムが整えば、将来は熱烈なファンには便利なアプリに成長できそうである。さらにiQIYIに収益をもたらすことも可能だ。

 

動画共有サイトのiQIYIがなぜECアプリを?

日本ではNetflixなどのサイトが流行しているのと同じように、中国で生活したことのある日本人であればiQIYIでドラマや映画を観たことのある人も多いだろう。iQIYIは中国最大の検索エンジン百度(バイドゥ)傘下の動画共有サイトで、2010年にリリースされてから9年かけて中国最大級の動画共有サイトにまで成長した。2018年にはIPOも果たし、2019年3月時点では9680万人もの有料会員を抱えている。ドラマや映画の放送権を購入し配信するだけでなく、充実したオリジナルコンテンツも多くのユーザーを集めている。

ではなぜ、このような動画専門のiQIYIがECアプリをリリースしたのか?

チャイトピ!編集部は以下の分析をしている:

  • 自社アイドル育成を促進したい

iQIYIは先述の通りオリジナルコンテンツの制作にも注力している。その中でもアイドル育成番組の「偶像練習生」や「青春有你」などは特に中国の若者に人気を博している。

近年中国ではファンが好きなアイドルを支援し、CDやグッズ買うことによる「ファン経済」が注目されている。iQIYIは「飯飯星球」を通して自社アイドルの育成を促進でき、実際に現在「飯飯星球」で対応しているアイドルのほとんどがiQIYIで育成されたアイドルである。

  • ECを通してマネタイズの道へ

2014年からiQIYIはすでに配信動画とECを結び付け、マネタイズの試みを始めていた。2015年には「愛奇芸商城」というオンラインストアをリリースし、iQIYI動画の関連商品を販売している。ユーザーが動画を視聴する際も作中に気なる商品があれば直接購入画面に飛ぶことができるなどの機能がある。

近年中国ではECを通したマネタイズが一種のトレンドとなっており、百度もこれまでに何度もEC関連事業を立ち上げてきた。しかしEC強豪のアリババや京東には力が及ばす、何度もプロジェクトを停止したり売却したりしている。それでも百度はEC事業を諦めてはいない。

また、iQIYIは最大級のユーザー数を誇る動画共有サイトであるが、巨額な赤字問題も抱えている。2019年Q1の決算を見ると、損失額は18億元(約283.8億円)と、それは前年よりも拡大している。オリジナルコンテンツの制作費などがかさんでいるようだ。このような状態が続けばiQIYIも次の※楽視網になるのではとの声も高まっており、現在マネタイズを急いでいる(※現在存続の危機にある中国の動画サイト)。

EC大国の中国では、市場はさらに細分化されつつある。主要なECモールだけでも京東、タオバオ、天猫などと細かく分かれ、服飾や書籍に特化したサイトが登場しただけでなく今では生鮮食品に絞ったECが流行するなどしている。その中でiQIYIがアイドル育成の優位性を活かし、新たなビジネスモデルを生み出し成功する可能性はゼロではない。